メルカリでリカちゃん ジャンク品3

メルカリで買ったリカちゃんのジャンクボディをどう活用するか?

その答えは、一緒に送られてきた8K27ティモテヘッド で閃きます

リカちゃんボディにティモテヘッドを組み合わせます

メーカー市販の純正ドールでも

リカちゃんボディに8K27ヘッド組み合わせは存在します

その歴史は古く

1998年のフレンド 「パリのおともだちショコラ」 

2011年フレンド 「ヘアカラーチェンジ エミリーちゃん」

現行のフレンドでは「ゆめみるお姫さま スターライトセイラちゃん」

が8K27ヘッドで、もはや定番といえるヘッドです

しかし、みんな首が短い! 襟のある服は苦しそう

それもそのはず、29Kリカちゃんヘッドと8K27ヘッドでは、

顎から首の着底までの距離が違います

左が29Kヘッド、右が8K27ヘッド

29Kヘッドが5mmなのに対して8K27ヘッドは8mm

つまり首が3mm短くなるのです

そこで、ジャンクボディのレストア(修復)の際、首を3mm長くしたい

ついでに、スムーズに「首の傾げ」が表現できる様にボールジョイントを仕込みたい

といった方向で作業を試みます

使用するボールジョイントはコレ ダブルボールジョイント

ホビーベース 関節技ボールジョイント特大 PPC-Tn06

ボールの直径が6mm

このジョイントがすっぽり入るようにボディを加工します

そしてジョイントを接着、

接着剤はプラモデル用を使います

接着面積が多ければ強度的にも問題ありません

強度に心配がある場合は、スポットで溶接し

ボディとジョイントの隙間をエポキシパテで埋めるとバッチリでしょう

ちなみに、ジョイントは写真で分かり易い様にグレー色を使っていますが

人形に使うなら、透明な物を使用するのが正解です

次に、

K29ヘッドを取り付けてアゴの位置を場見ります

ヘッドを外し、この8K27ティモテヘッドにピッタリサイズのアダプターを作成

ボディとのクリアランスは5mmに調整してあります

8K27ティモテヘッドを装着

アゴの位置を確認

ヘッドを動かしてみる

動きがスムーズです

タカラトミー製の純正ボディは、カクン カクンと傾くので

微妙な角度は取りずらいですが

ボールジョイントなら微妙なポーズも大丈夫

ここで、

8K27ヘッド代表としてエミリーちゃん登場

襟のある服を着せると

こんな感じで苦しそう

同じ服を

今回の対策ボディ+ティモテヘッドが着ると

バッチリです

ヘッドをエミリーヘッドに交換

対策ボディ+エミリーヘッドで、こんな感じ

良いですよ、このボディ

なかなかうまくジャンクを活用できたのではないでしょうか

改めて激安で譲って頂いた出品者様に感謝です