初代リカちゃん 復刻版 小さい!

増えすぎたリカちゃんを整理している今日この頃

今回不要と振り分けられたのは、近年のキャッスル 復刻版 初代リカちゃん

小さいボディが欲しくて

せっかく入手したのですが、手放すことにしました

理由は体のバランスが変、(腕が妙に長い)

そして、当時物と比べると かなり小さい

小さいボディが欲しかったんだけど、これは違う

右が11歳で左が9歳の頃・・・とはならなくて

右が1/6で左が1/7といった感じ しかも腕だけ1/6

ヘッドの比較・・・

さあ、そこで どの位小さいかを「写真を見て下さい」以外に

伝える良い方法が無いのに気が付く

ドールアイの人形ならeye径とeyeベース (瞳孔間距離)とアイリス径を聞けば

大体の見当がつきますが、

ちなみに、瞳のアイリスの大きさは生まれてから死ぬまでほぼ同じなので

若いのか縮尺なのかのポイントになる部分なんですよ

瞳孔間距離(右目と左目の距離)も第一次成長後の変化は少ない部分なのですが

リカちゃんの場合 書き目なので正確な瞳孔間距離は測りにくい

そこで、リカちゃん系のドールヘッドの大きさは、

左右のトラガス(耳珠)間の幅でヘッドの大きさを比べる事にします

以後(TG)とします

写真のリカちゃんを例にすると

左のキャッスル物の復刻版初代リカちゃんのTG値は26.4mm

右の当時物の初代リカちゃんのTG値は28.1mm

なのでキャッスル物は当時物の約94%の大きさです。と説明できて 数値化すると分かりやすい!

データーも取れたので 

キャッスル物の復刻版初代リカちゃんは、メルカリに出品しました